×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




唐津線B
(東多久〜岩屋)

↑唐津線A(久保田〜東多久)へ


「東多久駅」を出ると、しばらくは平地を走行して行く。




しばらくは見通しの良い直線。








マンションなどの建物が見えてくると、
「中多久駅」は近い。



中多久
1面1線

1面1線の駅なものの、
多久市役所に近く、
学生の利用も多い。




少しの間、道路と並走する。




やがて、切り通しの中を走行して行く。




切り通しを抜けると再び道路と並走。




やがて「多久駅」へ。



多久
1面2線

「多久駅」は交換可能で、
このように列車とすれ違う事も。








「多久駅」を出たばかりでは、
まだ少し、新鮮なバラストが見え、

「多久駅」が比較的新しい事が分かる。




土手の上を走行して行く。








山の中のトンネルに入る。
複線の幅があるのが気になるが、、




トンネルを出ると、枕木も危うい、
切り通しを走る。



↑佐賀県 多久市

↓佐賀県 唐津市




そこを抜けると、唐津市に入る。




早速、川の上を走行。




しばらくは、ビニールハウスと田んぼだらけの場所を走行する。




やがて、「厳木駅」へ。



厳木
2面2線

上り線と下り線が、
このように食い違う位置にある駅。

『唐津線』では他にもこうした姿の駅が多い。












やがて山の中を走りだす。







岩屋
1面1線

「岩屋駅」は1面1線の駅。
比較的新しい駅舎は、風舎とも言われている。



唐津線C(岩屋〜山本)→


トップへ
トップへ
戻る
戻る



唐津線C
唐津線C